体験談

サバゲー初体験!初心者でも簡単に楽しめる方法

皆さんは「サバゲー」って知っていますか?

 

子供の頃にBB弾で鉄砲ごっこしたこと、ガンシューティングゲームで友達とわきゃわきゃしていたこと。

 

そんな少年心を大人になってもくすぐるのがサバイバルゲーム

通称「サバゲー」なのです。

 

男性なら誰でも銃やサバイバルに憧れたことはありませんか?

痛くないか?

上手い人にボコボコにやられて楽しめないんじゃないか?

などという不安がある人のために実際に体験したことをレポートして行きたいと思います!!

サバゲー初心者の為の基本的なルール

サバゲーをやる方たちは荒れ狂う猛者たちの集まりというイメージもあるかと思いますが実はとても紳士なスポーツなのです。

それは基本的なルールがしっかりしているのと、自己申告制を重んじているのでマナーやモラルが問われるスポーツだからです。

基本的なルールをちゃんと抑えていけば、初心者でも迎え入れてくれますよ♫

ゲームの始め方

それぞれのチームに分かれてスタート地点まで移動します。

ゲームスタートの合図がなるまで発砲などしないように気を付けましょう。

弾が当たったら自分から申告するヒットコール制

サバイバルゲームは弾が当たったら自分から手を上げながら大きな声で

ヒットです!

と言わなければいけません。

これを言わないとずっと打たれ続けますw

また動きながら銃を撃っている時もあるので大きな声で言わないと相手に伝わっていない可能性があります。

そのような場合を回避するためにもきちんと手を上げて大きな声で当たったことをアピールしましょう。

また、壁や木などに弾が当たってから自分に当たる(跳弾)なども確信がない場合は自ら「ヒットです!」と言いましょう。

また、ヒットしてから陣地に戻る際に手を上げていないと他プレイヤーから撃たれる可能性があります。

手を上げながら移動しましょう。

手を高く上げてヒットです!と言い陣地に戻りましょう!

ゲーム中の注意事項

次にゲーム中の禁止事項や注意しなければトラブルの元になることをご説明します。

・頭や首元をわざと狙う行為←帽子やヘルメットをしていない場合めちゃくちゃ痛いです。

・至近距離で発砲すること(至近距離の場合胴体やパワーの低い銃で撃つ)

至近距離で撃たれると厚手の服を着ていても痛い場合があります。

退場する場合の注意事項

フィールドから退場する場合、必ず銃からマガジンを抜き2、3発誰もいない方向に空射撃して銃の中に残っている弾を無くしてから外に出ましょう。

銃の中に弾が残っているとフィールド外で誤射の可能性があるので必ず無くしてから出ましょう。

フィールドによっては出口に空射撃専用のゴミ箱のようなものが置いてあるのでそちらを利用すれば安全です。

サバゲーの禁止事項

・ゾンビ行為←(一番トラブルの元になる行為です

・フィールド外(セーフティーゾーン)での発砲

・他プレイヤーへの誹謗、中傷

参加条件

18歳以上

18歳未満の方は親の承諾が必要になります。

 

ゲームのルールを守れる人

サバイバルゲームはきちんとしたスポーツです。

ルールを守らなければゲームが成り立たなくなり参加している方の迷惑になります。

きちんとルールを守ってゲームを楽しみましょう♪

マナーや節度を守れる人

サバゲーは紳士のスポーツです。

弾が当たった時などは自ら申告するのがルールです。

当たったと自覚しているのに申告しない(ゾンビ行為)などのルール違反は一緒にやっているプレイヤーの反感めっちゃ買いますw

また、弾が頭に当たってしまったなども起こり得るのでそのような場合の時にゲームが終わった後などに「大丈夫でしたか?」

などの人としての最低限の心遣いが必要となってきます。

ゲーム中に熱中して荒ぶる気持ちは分かりますがきちんとした大人の対応を心掛けましょう!

 

初心者でも分かる!サバゲー基本的な戦い方

 

サバゲーにはいくつかの戦い方のルールがあります。

このルールを守ることで平等で楽しいスポーツとしてサバゲーを楽しむことが出来ます。

きちんと頭に入れて戦いに臨みましょう!

そんなに難しくはないので安心して大丈夫ですよ♫

・殲滅戦

殲滅戦が一番シンプルで分かりやすいのではないでしょうか。

単純に敵チームを全員倒したほうが勝ちです。

一度撃たれたら退場です。

ゲームスピードも早く短い時間で何回もできるのが殲滅戦です。

人数にもよりますが大体15分くらい時間制限をかけて行います。

制限時間内に全員倒しきらなかった場合、残っているプレイヤーが多い方が勝ちというゲームです。

 

・カウント戦

殲滅戦の場合は撃たれたらそのまま退場になりますが、カウント戦の場合は撃たれたら自陣地に戻りカウンターを押してからまた戦いに参加します。

勝敗はカウンターの数が少ない方が勝ちです。

何回でも復活できるので初心者にもオススメのゲームです。

・フラッグ戦

2チームに分かれて相手陣地にあるフラッグを奪取することが目的のゲームです。

フィールドによってはブザーがありそれを押したらフラッグ獲得などがあります。

フラッグを持って帰っていたら勝利、フラッグの場所に行ったら勝利(ブザーを押す)

などの細かいルールは両チームで話し合って決めましょう。

 

・籠城戦

プレイヤーを6対4、または7対3くらい攻撃チームと防御チームに分かれます。

防御チームは攻撃チームの攻撃を守り切れたら勝ち。

攻撃チームは防御チームのフラッグ(ブザーを押す)などが成功したら勝ちとなります。

 

・バトルロワイヤル(個人戦)

自分以外全員敵のルールです。

ヒットしたら即退場か、カウンター戦のようにヒットされた数を競う場合もあります。

一緒にゲームする方々と話し合いましょう!

 

初心者が初めてサバゲーに持って行ったもの

今回僕は初めてということもあり、きちんとした装備はほぼ持っていっていませんでした。

しかし、弾が当たった時の痛さ軽減と冬の時期なので寒さ対策だけ気を付けました!

寒さ対策をしてれば自ずと痛み軽減に繋がるのでちょうどよかったですw

着ていった服装

サバゲー初体験

今回僕は以下の服装で行きました!

このくらい着込んでいけば弾が当たっても痛くないです!

・ヒートテック上下

・厚手のパーカー

厚手のアウター(ちょっとだけミリターっぽさを演出するためにカーキ色を着ていきましたw)

・ズボン(下にヒートテック履いてます)←ズボン2枚重ねた方が痛くないです。

・帽子(意外と重宝します。何もつけてないと弾当たったらめちゃ痛いですw)

・手袋(こちらも厚手の手袋じゃないと当たると痛いです。意外と手に当たるので必須アイテムです。)

・マフラー

・ハイカットのブーツ

サバゲーって痛くないの?

サバゲーに使われているエアガンはおもちゃといえど当たればそれなりに痛いです。

服装を着込めばあまり痛くないのですが、至近距離で撃たれたり、当たりどころが悪かったりすると痛いです。

特に顔面の防具は必ず身につけましょう。

慣れている人同士の戦いだと顔面は狙わずに胴体を狙ってくれるのですが、初心者同士の戦いだとそんな余裕はありません。

しっかりと防具をレンタルして顔面と頭部を守りましょう。

ちなみにゴーグルは必ず身につけておかないと行けません。

初心者の間は

・ゴーグル

・耳まで隠れるマスク

・帽子やヘルメット

は必ず身につけて置いたほうが良いです。

(痛くてゲームする気力がなくなりますw)

 

まとめ!サバゲー初心者でも十分楽しめる

サバゲーはエアガンを用意したりとかマスクを用意したりとか何かとお金がかかりやすいスポーツです。

しかし、サバゲー場で銃などをレンタルすれば自分で用意する用意する必要がなく、手ぶらで楽しむことができます。

また、初心者だから弾が当たらないとか、すぐにヒットされてつまらないという不安はあるかもしれませんが初心者でも結構簡単に弾は当たります。

一緒にやるプレイヤーの意見と戦術を参考にすれば何にも倒すことが出来ますw

今回僕が参加したチームは初心者女子プレイヤーがいたのですが、バンバン当ててきましたからねw

むしろ僕が弱いくらいですw

サバゲーに慣れているプレイヤーと初心者の力量をバランスよく振り分けるとゲームが白熱して楽しいです♪